こだまdeしょうか?

渋谷で働く学生複業研究家のブログ

「25歳以下は今すぐ全員起業した方がいい!」Skyland Ventures 木下慶彦氏が若者に起業を勧めるワケとは?

7月21日に行われた早稲田起業家養成講座の最終講義。

今回のゲストは、Skyland Ventures 代表取締役木下慶彦(@kinoshitay)さんと株式会社ookamiの尾形太陽(@yourtaiyo)さん。

お二方に「シード・アーリーステージのスタートアップの現状」についてお話いただきました。

f:id:KodamaYutaro:20170721192057j:plain

講師が一番言いたかったこと

「25歳以下は今すぐ起業した方がいい!」

・今回の講義スライド

www.slideshare.net

「25歳までに起業した方がいい」と豪語する木下さん。

起業するのに早過ぎるということはない。
むしろ早く始めないと、あっとういう間に時間は過ぎていく。

大成功した人で25歳まで遊んでいた人など、ほぼいない。
突き抜けている人は、若いころからフルスロットル。

親や先輩の言うことが必ずしも正しいワケではない。
これまで当たり前だと思われていた価値観が壊れていく時代。

これからの社会では、起業して自分で道を開いていけるような人材でないと、変化についていけない。

悩んでいる暇があったら起業しよう。
起業家というフィールドに立つだけでも全然違う。

大事なのはチャレンジの総量。

一番心に残ったこと

「勇気があればシードはいける!」

「若い天才に投資する」を掲げるSkyland Ventures

世界を変えるのは20代。
特に学生だったら、時間があっていくらでも失敗ができる。
リスクが圧倒的に少ない中で、必要なのは勇気だけ。

「繋がりの有無は関係ない」

尾形さんは資金を募った時、全く面識がなかった起業家や投資家に直接DMを送って会いに行ったそうです。
VCの木下さんも仰ていましたが、「起業した」というだけで、意外と起業家や投資家は会ってくれる。
若手に投資することに好意的な方もいらっしゃいます。

まずは挑戦する!とにかく何回もやる。
失敗する。失敗から学ぶ。
続けているうちにいつか当たる。

自分を伸ばすためにやろうと決意したこと

「9月までにサービスをリリースする」

僕自身、仲間と共に現在サービス開発中ですが、毎週のこの講義によって背中を押していただけました。

起業を難しく捉えすぎない。
まずはやってみる。

今、開発中のサービスを9月までにリリースします。

ご登壇いただいた起業家の皆さん、木下さんありがとうございました!

・過去の講義記事

小澤さん・けんすうさん
kodamayutaro.hatenablog.com

宇佐美さん・須田さん
kodamayutaro.hatenablog.com

西條さん・大竹さん
kodamayutaro.hatenablog.com

山田さん・舛田さん・大冨さん
kodamayutaro.hatenablog.com

尾形さんが代表を務める株式会社ookamiで、インターン生を募集しているそうです!

www.playerapp.tokyo

児玉悠太朗